28 Nov '11, 4am

@mackatou ユーティリティの記事です

@mackatou ユーティリティの記事です

100どころか一気に90切り! この苦手を得意に変える 第4回 ユーティリティークラブを打ちこなす 11/28/2011 | Filed under: YGO ,この苦手を得意に変える ,ゴルフレッスン | Posted by: ParGolf アベレージゴルファー必見の新連載 シリーズ この苦手を得意に変える 第4回 ユーティリティークラブを打ちこなす 今やロングアイアン代わりにユーティリティークラブを使用する人がほとんどだろう。しかし、この本来簡単なはずのクラブがうまく打てないと嘆いている人も多いのも事実。その原因と対策法を教わった。 本コンテンツは週刊パーゴルフ連載の「100どころか一気に90切り!この苦手を得意に変える」の一部です。詳しい解説・レッスンは「週刊パーゴルフ12/13号 11/29(火)発売」にてご覧下さい。 第4回 ユーティリティークラブを打ちこなす まずは使用するUTが適正な総重量かをチェック! 不適正な重さだと一連の流れとは別の打ち方を強いられる 練習場ではいいのに、コースに出るとユーティリティークラブ(以下、UT)がうまく打てないという人は、一度今お使いになっているUTの総重量を確認してください。 そもそも14本のクラブは、短くなるほどバランスよく重たくなるのが正しい流れ。UTは、フェアウエーウッドとアイアンの中間に位置するクラブですから、総重量もその中間であるのが理想なのです。それがUTだけ極端に重かったり軽かったりすれば、ほかのクラブとはリズムも力感も違うスイングで対処しなければなりません。練習場で何発も打っているぶんにはいい球も出るでしょうが、コースは一発勝負。そうそうスパッと切り換えられるものでなく、ミスを多くしてしまうのです。 アイアンとの 重量差を詰めるとシンプルに振れる 一般的にUTは、その構造上、同ロフト角のショートウッドと比べると重く、ロングアイアンと比べると軽く設計されています。皆さんも実際に今お使いになっているUTを計測すると、一番長いアイアンよりも40~50グラムくらい軽いのではないのでし...

Full article: http://www.par-golf.com/?p=26639

Tweets